サモハンキンポーって懐かしい名前なんですけど、今の若い人は知らないかな?
香港出身の映画俳優であり、映画監督、脚本家、映画プロデューサーもやっています。
昔はジャッキー・チェンさんと一緒によく見てたんですけどね・・。


 

Sponsored Link


そんなサモハンキンポーさんが「5時に夢中」にゲスト出演するって事ですよ。
衝撃です!しかも4月3日です。もうすぐですよ。

ってことは来日しているって事ですよね。
って最近全然見てなかったんですけど、現在は何をしているんでしょうか?

ということで、サモハンキンポーさんについて少し説明しましょう。
サモハンキンポーさんは1952年1月7日生まれの現在65歳。
1998年ハリウッド進出を機に、英名をサモ・ハン・キンポーからサモ・ハンに変更しているそうです。
そんなことも知りませんでしたけどね・・。

サモ・ハンさんは香港の脚本家兼監督の子供としてうまれているそうです。
10歳の頃に祖母に連れられ、中国戯劇学院に入学しています。
ここで京劇の基礎をたたき込まれ、その後、スタントや子役としてデビューしています。


 

その後は武術指導師として活躍していたみたいですね。
そして尊敬するブルース・リーに声を掛けられ「燃えよドラゴン」で共演を果たしています。

Sponsored link


しかしブルース・リーさんの死とともにブームは衰退していたんだそうです。
そこで尊敬するブルース・リーさんのオマージュとして「燃えよデブゴン」を制作。
これが当たったんですね。デブでしたけどその体型からは想像もつかないキレのあるアクションが話題だったと言うことです。


 

これが1980年代ですかね。ジャッキーチェンさんと共に香港映画を引っ張っていたと思いますよ。
その後、衰退しましたが、1990年代末期にハリウッドで功夫ブームがおき、ハリウッドに進出しているんですね。

で、現在なんですが、今でも監督したり出演したりしているようです。
まだまだ現役って事ですね。スゴイですよね。

っていうか今でもおデブ体型みたいですけど、なんか渋くなってます。
格好いいです、貫禄がでたのかな?
重鎮みたいな感じでしょうか?


 

そんなサモハンキンポーさんが「5時に夢中」に出演ってこれは見なきゃダメですよね。
現在はどうなっているんだろう?非常に気になりますよね。
どうやら映画「おじいちゃんはデブゴン」というのが2017年5月27日に日本で公開されるようです。
その番宣だろうか?それにしては少し早い気もしますけど・・。

なんにせよ、サモハンキンポーさんが見られるのは嬉しいです。
「5時に夢中」の視聴率も上がるんでは無いでしょうか?
期待しましょう!