アナハイムの気候やチーム状況は?大谷翔平は4人目で過去に活躍した日本人選手は誰?

大谷翔平選手が入団を決めたアナハイム・エンゼルスとはどんなチームなんでしょうか?っていうかどこにあるんだろう?そんな疑問を持つ人も結構いるんじゃないでしょうか?メジャー球団は数多くありますし、ヤンキースやドジャーズなど有名なチームもありますけどね。
アナハイム・エンゼルスはそれほどってチームだと思いますので、これを機会に色々と調べてみましょう。

アナハイム・エンゼルスはアメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。
本拠地はカリフォルニア州アナハイムにあるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムになります。

1961年のアメリカンリーグの球団拡張によって誕生した球団で、1979年に初の地区優勝を果たしています。
1982年と1986年にも地区優勝を遂げていますが、いずれもプレーオフで敗れ、リーグ優勝はしていません。
2002年にはワイルドカードでプレーオフに進出し、勢いに乗って初のワールドチャンピオンに輝いています。

現在は長期にわたってチームの指揮を執っているマイク・ソーシア監督の下、強力な先発投手陣、打撃陣と豊富な人材が揃っていると言うことです。
しかし左打者、そしてエースが不在と言うことで、大谷選手は二刀流でその穴を埋めるために獲得されたってことでしょうね。

大谷選手は日本人としては4人目になります。
最初の日本人選手は長谷川滋利選手です。
日本ではオリックスで活躍していましたよね・・・
エンゼルスでは1997年から5年間、主に中継ぎとして頑張っていました。

二人目は松井秀喜選手です。
2003年からヤンキースでプレイし2009年にはワールドシリーズのMVPも獲得しましたがその年のオフにエンゼルスへ移籍しています。
145試合で21本塁打84打点、打率274って事で1年でアスレチックスに移籍しています。

三人目は高橋尚成選手。
2年間救援投手として頑張っていました。

で、四人目が大谷選手と言うことですね。
最初からエンゼルスでプレーしている日本人選手としては大谷選手が初めてです。
だからこそ、ファンも喜んでいるんでしょうね。

同じ地区のロサンゼルス・ドジャースには野茂英雄選手を始め多くの日本人選手が在籍していますがエンゼルスは過去に3人だけ。
そして大活躍している選手はいません。

大谷選手はその最初の選手になれるでしょうか?
いやなって欲しいですけどねwww

そんな大谷選手が入団を決めたアナハイムとはどんなところでしょうか?
ということで、そんなことも書いていきましょう。

アナハイムはアメリカのカリフォルニア州に位置しています。
ディズニー発祥の地として有名ですよね。他にはナッツベリーファームなどがありますね。


それでもやっぱりロサンゼルスの方が有名なんでしょうけどwwww
ロサンゼルスからバスで45分って所らしいですwww

気候としては一年を通して温暖な地中海性気候に属していて、海岸から離れているので、夏の気温は上がりますが湿度は低いので過ごしやすいって事ですね。
度のベストシーズンは8月中旬から10月。この時期は晴天が多く過ごしやすいって事ですね。
冬は雨が多いそうですが、それでも長時間降ることは稀ってことです。。

1月でも最低気温が8度、最高で20度、8月とかでも最低が18度、最高が29度ということで本当に過ごしやすそうですね。
羨ましい気候ですwwww

温暖な気候で大谷選手がのびのびと成長して活躍出来ると良いですけどね・・・
是非アナハイム・エンゼルスでメジャーでも二刀流で活躍するところを見せて欲しいですね。
日本人観光客も増えそうですし、頑張って下さい、応援しています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。