アリスの棘(とげ)藤原紀香のお腹に彫られたタトゥーの文字は?画像

初回放送が終わり早くも話題になっている新ドラマ「アリスの棘(とげ)」

高視聴率が期待できるという注目のドラマと言われていますが

久々の復讐系の暗いイメージのある今回のドラマいうことで

好き嫌いがハッキリと分かれそうな作品です。

しかし第一話を観て気になった点が一つ

それは復讐された女医の藤原紀香さんがお腹に彫られたタトゥーの文字は何と書いてあったのか?

気になったので調べてみました。

 

 

第一話のあらすじ

 

今週から始まったアリスの棘というドラマは

ざっくり言うと、主人公の水野明日美(上野樹里)の復讐劇

 

14歳の頃に手術のミスにより殺された自分の父親の仇を討つために

当時、父の手術を執刀した医師が勤める病院で勤務する。

 

2014-04-14_011438

 

水野が第一話で復讐を行った相手は2人

蛭子雅人(六平直政)と伊達理沙(藤原紀香)

どちらも父の手術に立ち会った医師である。

 

蛭子雅人(六平直政)

蛭子雅人(六平直政)

伊達理沙(藤原紀香)

伊達理沙(藤原紀香)

 

 

ちなみにこのドラマで主人公の水野が行う復讐は

水野が幼いころ父親に買ってもらった童話

「不思議な国のアリス」の物語に沿って行われるのがポイント。

 

2014-04-13_230915

 

最初に復讐のターゲットとされた蛭子

「ハンプティダンプティは高いところから落ちて壊れた」

という物語の話に合わせ

蛭子を病院屋上のはしごの上に、当時の手術記録を使っておびき寄せます。

 

2014-04-14_004725

 

蛭子からしてみたら手術ミスをしてしまった水野の父親の手術記録は、

何があっても外部に流出させたくないもの。

はしごに貼り付けられた書類を取ろうとした時、そこには水野の姿が。

 

はしごをはさみで切り落とそうとする水野に対して蛭子は

「自分は指示をされただけ。殺したのは伊達(藤原紀香)だ」

と手術ミスの真相を語りました。

 

次のターゲットは伊達理沙

 

伊達は自分の名誉のために、未熟でありながらも

当時、最先端医療であった腹腔鏡の手術を行ったことにより水野の父親を殺してしまった

という事実が判明しました。

 

伊達理沙(藤原紀香)

伊達理沙(藤原紀香)

 

 

そして現在も尚、患者の危険を顧みず

ただ自分の地位と名誉を守るためだけに、最先端医療での手術を行いたい伊達。

 

高齢の患者のことを「実験用のマウス」としか見ていない伊達に対して

水野の復讐が始まります。

 

水野は自分の過去を打ち明けた瞬間、

伊達に対してスタンガンを使用し気絶させます。

 

伊達の意識が戻ったのは、水野の父親が手術ミスで殺された手術台の上。

全身麻酔で動けなくなった伊達に対して水野はこう言い放ったのです。

 

「あなたには医者の資格は無い。二度と自分が医者だと名乗らないで!」

と感情的に叱責した後、

すぐに点滴に麻酔薬を投入し伊達を眠らせます。

 

2014-04-13_230830

 

再び伊達が目を覚ましたのはベットの上

お腹の当たりに違和感を感じた彼女が、恐る恐るシーツを外すと・・・

 

 

お腹にはある文字が刻まれておりました。

 

その文字は・・・

「T.OSAMAI」

 

水野の父親「小山内孝夫(おさない たかお)」の名前だったのです。

 

2014-04-14_011232

 

水野の復讐劇はこれで終わりではありません。

父親の手術ミスは千原淳一(田中直樹)が関わっている事を伊達から聞いた水野。

第二話では千原に対しての復讐が行われることでしょう。

 

それにしても水野の復讐は全てにおいて用意周到。

完全なる計画的な復讐劇に今後もますます注目されるドラマとなるでしょうね(;´∀`)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。