ジャニーズのグループ名の由来と名前に関する意外な秘密を発見!

ジャニーズのアイドルグループといえば、社長であるジャニー喜多川さんが考える個性的なネーミングセンスが毎回、話題ですよね。

どんなに人物が良くてもやはりグループ名は、そのグループの顔とも言えるもので言わば、”言葉の名刺”みたいなものですから。

 

そして、毎回、「え??」とは思うのですが、なんだかんだでジャニーさんの采配は当たっていて「本当にいつもすごいな。」と関心します。

そこで今回は、各グループの名前の由来を、全員は厳しいですが、有名なものを中心にですがわかる範囲で解説させていただきたいと思います。

各グループの名前の由来と秘密。

まず、「ある言葉の組み合わせの略」というスタンスの名前が、代表的なのが『SMAP』です。

「Sports Music Assemble people」という言葉の頭文字を取り、ジャニーさんが独自で考えました。

これは、「スポーツと音楽に秀でた人達の集まり」と言った意味があります。

 

同じような感じで考えられた『A.B.C-Z』は、元々、『A.B.C』という名前でした。

由来は、Acrobat(アクロバット)Boys(ボーイズ)Club(クラブ)の略で、メンバー全員がジャニーズの中でも群を抜くレベルで運動が得意でアクロバットの技術がスゴかった為、それを「ウリ」にするグループにしたかったからのようです。

 

ちなみに、その後、メンバー4人とは年齢の離れた若い、現在センターを務める橋本良亮さんが入ってきたことにより、『A.B.C-Z』としたようです。

 

ちなみに、その間に入るであろう『XYZ』のXYは『A.B.C-Z』の後にデビューした『Sexy Zone』の中に入れたようです。

(ちなみに、それだけではなく、「マイケル・ジャクソン」のようなセクシーで魅力的でインパクトのあるダンスで魅了して新しい時代を築くユニットにしたい。という思いからつけられたという経緯もあります。)

[ad#adsense] 『NEWS』はちょっと特殊で、2つの意味を持ちます。「North、East、West、South(東西南北を略してNEWSになるように並べた。)」の頭文字を取り、「東西南北にニュースを発信するグループ」という意味で名付けました。(グローバルなグループにしたいという思いもあったようです。)

 

以上のように「頭文字型」もあれば、「意味を持つ名前型」もあります。

それにあてはまるのがまず、『TOKIO』は「東京からはじまり、世界に通用するグループになって欲しいという願いから名付けました。

(外国人は「ときお」TOKYOのことを発音するそうなので)

 

『Hey!Say!JUMP』は始めは、『Hey!Say!7』『Hey!Say!BEST』と分かれていましたがメンバーを合体し、名前を今のJUMPに変えました。

これには、「平成の時代をジャンプするユニットになって欲しい」という思いが込められているようです。(全員が平成生まれなので)

 

一方で、「メンバーの名前型」というのもあります。

これは、『KAT-TUN』で「漫画(カートゥーン)のように先の展開が読めなかったりして、次々新しいものが出てくる」という意味もこめ、かつ、メンバーの頭文字を入れています。

他にも『Kis-My-Ft2』の名前もメンバーの頭文字をとりました。

(本当は、飯田くんという子もいて8人でその子のイニシャルの「i」でした。が、Jr.時代に脱退。

しかし、偶然にも最初の頭文字の「K」担当北山くんが「Ki」だったのでそのままこの名前になりました。

 

そしてタップダンサーであるグレゴリー・ハインズさんが、尊敬しているサミー・ジュニアの靴にキスをしたという話から、そんな風に尊敬されるグループに育って欲しいという思いも込めてこの名前にしたというのもあるそうです。

(二階堂くんは一番最後にメンバーに加入した為、後づけで2とつけました。)

 

他にも、『嵐』は「芸能界に嵐を巻き起こして欲しい」という意味や頭文字が「あ」「A」なので”必ず何をやっても一番になる”という意味も込められています。

しかし、名前と言い、デビューのスケスケ衣装といい、最初は皆が「社長は嵐のことをどうしたいんだ?」と揶揄されていました。

 

『関ジャニ∞』のように、「関西のジャニーズ」で8チャンの番組に出てた&8人(最初は)だったことから8(でも普通にではなく無限大という意味をこめ、∞にしました。)や

『ジャニーズWEST』のように「関西だから「西のジャニーズ」」という結構単純ネームのグループもいます。

『V6』は、”バレーボールのイメージキャラクターの6人組”からこの名前がつけられたようです。

 

最新グループの『Mr.King VS Mr.Prince』は6人の中で3vs3と分かれているという構成で、「Mr.King(王)」と「Mr.Prince(王子)」がそれぞれ切磋琢磨し合う。というコンセプトがあるようです。

 

ジャニーさんの名前は奥が深い?

最近のグループは結構グループ結成されて発表する前に2時間前に考えてしまうなど、即興で考えた名前も多いようですが、何気に全体的にどのグループにもそれぞれちゃんと意味を持たせているところがすごいと思いました。

 

現在、『KAT-TUN』や『キスマイ』のようにJr.からグループを結成し、長い下積みを積んでいるグループも存在し、Jr.を入れるとかなりなグループ数になります。

次はどのようなグループが誕生するのか期待で胸がいっぱいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。