スーパーカブが新型に進化?何が変わったの?人気の秘密やカスタムも紹介!

スーパーカブといえばホンダの創業者・本田宗一郎さんが開発したバイクですよね。
今でも売れているっていうのが凄いことですし、生産累計1億台を足かけ59年で達成しています。



「これからも世界中の人に愛されるように、全員が志をひとつにしてチャレンジしてほしい」
10月19日、ホンダが国内唯一の2輪生産拠点、熊本製作所で開いた記念式典の現場で、社長が社員に話しかけたということですよね。


8月に国内向けスーパーカブの生産が2012年以来5年ぶりに中国から日本へってことですからね。

初代のスーパーカブは1958年に本田宗一郎さんが生み出しました。
左足でペダルを踏む新方式のクラッチを採用し、使い勝手の良さ、高い耐久性、スカートでも乗り降りしやすいデザインということで、女性からの支持も得たって事ですからね。

今ではきっと日本よりも海外の方が売れているんでしょうけどね。
インドネシア、タイ、ベトナムなど東南アジアを中心に暮らしの足として走っているのを見かけます。
現在は世界160カ国の国と地域で年間300万台が販売されているという事です。

さて、そんなスーパーカブですが日本市場受けの「スーパーカブ50」と「スーパーカブ100」が5年ぶりにモデルチェンジして11月10日に発売されます。
どんな進化をしているのか気になりますよね・・・


デザインとエンジンが変化したという事で、ランプが丸形に戻り原点回帰。
またスーパーカブは商用利用が多いという事で、坂道でも力強く上れるようにエンジンも強化しているという事です。
しかし排ガス規制への対応や装備の充実により価格は約4万円あがり23万2200円ということですね。

っていうか50CCのバイクって言うのは世界中で日本でしか販売されていないという事です。
なので、史上は日本国内だけなんですよね・・・
そこに排ガス規制が厳しくなったことも有り、「リトルカブ」「モンキー」も生産終了になってしまいました。
是非スーパーカブだけは作り続けて欲しいですけどね・・・

耐久性もあり、捜査も楽、女性にも人気、そして1リッターで106キロ走るという超低燃費!
スーパーカブは人気なのも頷けますよね・・・

またカスタムベースのバイクとしても人気があります。
ネットで調べればそれこそ色々なカスタムカブが姿を現します。
正直目移りしちゃいますけどねwwww


まあ元がいいから出来るカスタムって事でしょう。
見た目だけいじっても十分若い人でも可愛さを演出できると思いますけどね・・

スーパーカブ新型発売を機に購入してカスタムするのも趣味として有りだと思います
で、最後に私のカブではないですけど、ヤマハメイトのカスタムの画像を張って終わりにします。
本当はカブが欲しかったwwww

では!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

偽Mavic Pro?の8807HDが安くて超絶楽しい!5000円以下でこのクオ...

アップルウォッチがLTE通信に対応!気になる通信料はいくら?大手キャリアでおすす...

755ナナゴーゴの簡単な使い方!AKBや芸能人と気軽に話す方法!

【ソニックアワー】ビールの泡が一瞬で復活!価格と口コミ評判は?

猫耳型ヘッドホンの予約方法と値段は?カラーが豊富!AXENT WEAR

Apple Watchで動画再生アプリが無いのは何故?アップルの圧力か?