ソロアーティスト岡崎体育がいまだに地元でバイト!?曲作りはどこでしてるの?

岡崎体育さんといえば「MUSIC VIDEO」というタイトルのミュージックビデオが話題になったばかりの「盆地テクノ」という独自のスタイルをもったソロアーティストです。

 
ミュージックビデオあるあるということで、とても楽しいMVで、YouTubeの視聴回数も250万回を超えています。

ということで、人気があるし、収入があるんだろうと思っていたんですよね。
5月18日にはメジャーデビューも果たしましたしね。また川谷絵音さんが”面白すぎる”とツイートしたり、星野源さんが最も気になるアーティストとしてラジオで紹介するなど、
一流ミュージシャンからも高く評価されています。

岡崎体育さんは現在26歳。同志社大学を卒業しソロ活動を始めています。京都在住で奈良を拠点に活動していると言うことですね。
そして何よりも敬愛しているテクノユニット「電気グルーヴ」の石野卓球さんから着想して岡崎体育という名前にしたそうです。

メジャーデビューした現在でも地元のスーパーで週3バイトをしているということです。
最近は流石に忙しくなったようで。日曜日に働くのは厳しくなってきたそうですけどね。
どうしてそこまでスタイルを変えないんでしょうか?

[ad#adsense]

それは岡崎体育さんなりのこだわりがあると言うことですね。
”地方から音楽を発信している事をみんなに知って貰う“”高い機材を買い占めんでも曲は出来るし、メジャーデビューできる”という発想からくるそうです。ポリシーですよね。

曲作りは実家の学習机の上でということですが、それでもあれだけ素晴らしい楽曲が出来るわけです。
入口は広く、楽しい要素を詰め込んだ曲を聴いてもらい、でも本当に聞いて貰いたい曲に導いているんだと言うことですね。
それがアルバムに収められている「スペツナズ」「エクレア」という曲だそうです。

 

 

岡崎さん、頭が良いんだと思うんですよね。笑いのセンスもあるでしょうし、しっかりした考えもある。
だからこそ、人気になるんだと思います。岡崎体育さんという人を好きになる人は多いでしょうね。
今後ブレイクしていくと思います。応援したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。