テイクアウトライブカードは野口五郎が発案!副業大成功で今後はどうなる?

テイクアウトライブカードというのが、DREAMS COME TRUEの全国ツアーで販売中ということですね。
馴染みのないカードですが、これが今後、主流になるかもしれないってことです。
一体どんなカードなんでしょうか?調べて見ましょう。

テイクアウトライブ(TakeOutLive)というのはQRコードを使ったデジタルコンテンツの配信サービスになります。
専用アプリを使用してテイクアウトライブQRコードを読み取るだけで、コンテンツがダウンロードできる仕組みって事ですね。

アナログな人はこの説明だけだと難しいかもしれませんけど・・わかるでしょうか?
簡単にいうとライブをお持ち帰りするって事ですよね。
ライブのテイクアウトですからねwww

テイクライブカードをQRコードで読み込むとステージを中心として360度を見渡せる映像や、アーティストのライブ前後の様子なども見ることが出来ます。
DREAMS COME TRUEのライブではそのカードを1枚1500円で販売していました。

・ミュージシャンの紹介映像
・ステージ上の吉田美和さんの立ち位置から見る360度会場内映像(VR)
・各ライブ会場で撮影した全日程のオリジナルの映像

というのが配信されています。
各ライブ会場で違うコンテンツが楽しめるって事は、ファンとしては各ライブ会場のカードが欲しくなりますよね・・・
なかなか上手い戦略だと思います。

DREAMS COME TRUEでは1万枚以上売り上げているって事ですよ。
今後CDやDVDなどに変わってこちらが台頭する可能性は非常に他界気がしますね・・
お手軽ですしね・・

やり方はとても簡単で、スマートフォンで専用アプリを取得し、購入したカードのQRコードを読み取るだけでライブ映像や特典映像が配信されます。
とても凄い画期的なサービスですが、コレを発案したのが野口五郎さんってことで凄いです。

野口五郎さんはずっと前からダウンロードサービスに目を付けていてこのサービスを考えたみたいですね。
2011年に特許取得しています。
テイクアウトライブカードって長いですし皆さん、野口五郎カードとか五郎カードって呼んでるらしいですよwwっwそっちの方が短くて覚えやすいですけどね・・

さて、今後ですがもっともっと発展していくと思いますね。
CDが売れない時代ですけど、ライブの需要はありますからね・・
それを可能な限り再現するテイクアウトライブカードは今後発展していくでしょう。

また、ライブ以外でもブライダルなどでも人気のカードということです。
色々な使い道が考えられますよね・・
アーティストだけじゃなくて、講演会とかそういうのでも良いと思いますし、あるいはお笑い番組の観覧席目線とか、逆に司会者目線とかって言うのも楽しそうですよね。
夢は広がります。そんなことを考えついた野口五郎さんは本当に先見の明があったんでしょうね・・・


是非1度テイクアウトライブカード購入してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。