ドローンの最終兵器登場!?4K撮影、GPS搭載で3万円を切るkudroneとは?

ドローン人気って今でも続いているんでしょうか?
私の中では未だにドローン熱は冷めてないんですけど・・・
今でもたまにネット検索で新しい安いそして素敵なドローンが発売されていないか確かめているっていうのが現状です。
そんなときに見つけたのが「kudrone」というドローンです。

kudroneっていうのは4Kカメラ搭載の手のひらドローンなんですよね。
日本では200グラム以上は規制に引っかかるのですが、このドローンは86グラム。
めちゃくちゃ軽くて小さいです。しかし高性能って事なんですよね・・

実はこのkudroneはクラウドファンディングサービスIndiegogoで扱ってました。
目標金額の5万ドルを瞬時に突破し、製品化が決定。
私もコレに応募していたんですよね・・
最初の頃はもっと安かったですけどね・・1万円切っていたと思います。

高級機に匹敵する性能を持ちながら、値段は25370円ぐらいかな?
しかし、ネット上では怪しいっていう声が絶えなかったです。
失敗っていう声もありましたね・・・その値段で出来るわけが無いっていう声が非常に多かったです。
なので、私も撤退したんですよね・・・・で、すっかり忘れてましたwwww

しかし、見事日本での発売が決定したということです。
しかもソフトバンクから!
他にも家電量販店からも発売されるようです。
ということは本当に最初の頃のスペックで発売されるって事でしょうか?

気になるスペックはカメラがソニー社製CMOS1/3.2 1300万画素 4K
レンズはF2.8 水平互角100度、垂直互角78.5度 対角互角120度
静止画潜像度 3280×2464ピクセル
というハイスペックでしかも地磁気コンパス、超音波センサー、GPS,画像ポジションセンサー、オートホバリング、防水等がついております。

動画はあるんですが、これほどまでに綺麗に撮影できるとは思いません。
っていうか、普通に画像はぶれそうですけど・・・

最高飛行速度は約30メートル、コントロール距離は50メートル。
最長飛行時間は約8分。ということで、このスペックでこの値段は驚異だとは思います。

あとはちゃんと動くかどうかですね・・・それと不具合です。
スペックは凄いけど、スグ壊れたり、どっかへ飛んでいったり、操縦不具合なんてのがあると全然高い買い物になってしまいます。

ということで、普通に動くのならスグに欲しいレベルのドローンなんですけどね・・・
発売は2017年12月13日。
っていうか欲しいけど、スグは無理!?っていうかやっぱりレビューがみたい。
ってことで、まだ待ちの状態ですけどねwwww

たくさんレビューが上がってきて、評価が高ければ是非解体ドローンです。
小さいっていうのはやっぱり正義だと思いますよ。
家の中でも屋外でも飛ばせるっていうのはやっぱり魅力です。
kudroneが性能良いことを願って、皆さん買ってレビューしてください。
期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。