マクドナルド“60秒サービス”無料券を確実に手に入れる注文方法?

マクドナルドが今年の初めから行われている

ENJOY60秒サービス”という企画

なんでも注文してから60秒以内に商品を出来ない場合は
次回ビックマックなどと交換できる“無料券”が貰えるという
前代未聞の(無謀な)キャンペーン

キャンペーン開始以来、この“無料券”欲しさに
あの手この手で注文をする『ツワモノ』が増加しているそうです^^
果たしてどのような手法なのでしょうか?

 

 

そもそも今回マクドナルドが実施している
“ENJOY60秒サービス”というキャンペーン
1月4日(金)~1月31日(木)までの期間限定の企画のようです

ここで気をつけなければいけないのが
“60秒位内に商品を提供できない場合は無料券プレゼント”は
11:00~14:00の間でのみ実施しているようですので
お時間をお間違えなく

 

そしてこの“60秒”という時間
店内で注文する場合はオーダー後にカウンターに設置してある『砂時計』を
店員がひっくり返してカウントスタート!
ドライブスルーの場合は『デジタルタイマー』でカウントするようです

 

 

ここで『ツワモノ』達が使う手法をご紹介!

 

■砂時計がひっくり返されたらすかさずカウンターを『ドンドン!』叩く

これは砂時計の砂を少しでも早く下に落とそうという手法

 

 

■ハンバーガーの肉を食べやすいようにカットしてください!

通常よりも時間が掛かります

 

 

■「このレタスはこっちに入れて~逆にこの肉はこっちに増やして~・・・」

通常よりも時間が掛かり、店員に舌打ちされます

 

 

などなど、どれも店員からすると少し“はた迷惑”なお客さんになってしまうという

デメリットもありますが・・・(;・∀・)

 

 

色々と例を挙げて来ましたが

もっとも有効な手法はこれではないかと思われます

 

■「フライドポテト塩抜きで!

 

この注文方法は最近とても増えてきているそうで

なんでもマクドナルドのポテトは揚げたあとすぐに塩を振るのはみなさん御存知の通り

しかし“塩抜き”を注文されると

すでに塩を振ってあるポテトから塩だけを抜くことは不可能になり

もう一度ポテトを揚げ直さなければいけないようです

 

 

これで余裕で“60秒”を超過→無料券ゲット!となるようです

 

店舗によってはこの“塩抜き”を注文された場合は

もう『砂時計』をひっくり返すこともせずに

無料券を準備するお店もあるようで

いわゆる『確定』というパターンと呼んでいるようです(*´艸`*)

 

 

今回マクドナルドが行なっている“ENJOY60秒サービス”

店員が時間を気にするあまり

雑な商品を提供しクレームに発展している事例もかなり多くあるようですが

 

 

果たしてマクドナルド側からすると

原価の安いポテトが売れまくることによる見込み通りの『成功』だったのでしょうか?

それとも当初の予定とはかけ離れた『失敗』だったのでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。