二宮和也と佐々木希は交際していた?熱愛の噂は本当なの?

二宮くんと言えば、
あんだけイケメンなのにユルさが全開で、
ジャニーズ運動会で緩んだお腹まで披露しちゃうような
屈託ない愛されキャラなわけだけど、
元ヤンキーの佐々木希と付き合ってたって、
もしほんとなのだとしたら、
2人で過ごす時間っていったいどんな感じなんだろうって、
俄かには想像つかないんですよね。

Sponsored Link


尻に敷かれるっていう感じでもないし、
なんていうか二宮くんって、ユルさ全開だから、
尻に敷かれたとしてもまったく動かなそうだし。

だから、自分の世界観がアーティスティックすぎて、
他人には到底コントロールできそうにない。

じゃあ、佐々木希をグイグイ引っ張ってたかって言っても、
いや、そりゃないっしょ!の一言で終了。

すると、なんとなく付き合ってるけど、
リアルにはあんま合わない?

2015-05-10_013610

 

メールとかLINEとかで連絡取り合うだけで、
明日あたり会えるかなぁとか思っても、
けどもし相手が忙しかったら気遣わせちゃってもダメだし、
向こうも一人でいたい気分のときとかもあるだろうし、
しかも、断られるのもなんか嫌だし。。。

みたいな感じで、けっきょくお互いにはっきり誘わないままなんとなく月日が流れ、
いちおう付き合ってるテイにはなってるけど、
付き合ってるからと言ってこれといった何かがあるわけでもない。

そんなとき、ちょっといいかもみたいな人が別に現れ、
告っちゃおうかなみたいなときに、
あれ、だけど彼女いるしな。。。
てか、希はオレのこと彼氏だと思ってるのか?
みたいな感じで、とりあえず今の関係は一回清算しとかないと次に進めないぞってことで、
破局に至ったのではないかと想像するわけです。

そもそも破局と言うほどのがっちりした付き合いなんてお互いなさそうですよね。

もっというと、二宮くんには彼氏がいて、
だけど、男性と付き合ってると公言してはリアルすぎるから、
とりあえず佐々木希と付き合ってることにしとけ、みたいなことだよね、けっきょく。

芸能人のみなさんも、いろいろ大変ですよね。
やっぱりまだまだ念のため隠しておこうみらいな空気、ありますよね。

 

Sponsored link


 

渋谷区のパートナーシップ条例みたいな感じで、
世の中の流れは明らかにオープンなほうに向かってるなかで、
芸能人はカルチュラルアイコンであり、
ある意味でオピニオンリーダーの側面も持つわけだから、
男と付き合おうがなんだろうが、
どんどんオープンマインドで突き進める国になって、
そうした流れを誰も違和感なく受け入れるような世間に
はやく日本もなってほしいと思うのです。

それって、セクシャルなことだけの話ではなくて、
要は、文化的成熟度って、いかに多様性を受け入れるかという、
器の大きさに表れるものだと思うのです。

世田谷区も渋谷区と同じ条例案が出てるみたいだけど、
日本は先進国でありこれほどの経済大国でありながら、
今更この程度の進歩しかしてないという点を見ると、
文化度があまりにも遅れすぎている。

文化的成熟度を図る尺度って、
多様性をいかに認めるかだと思うよと、先に書いたけど、
それはなぜかっていうと、
文化的多様性っていうのは、
生物としての人間の生存に本質的には関わってなくて、
生物としての人間じゃなくて、
他の生物と人間とを区別する一つの尺度としてのものが「文化」だと思うんですよね。

だとしたら、文化的多様性って、すごい人工的なものだと思うから、
人間自身が人工的なものを受け入れれば受け入れるほど
それは人間らしくあるんだろうし、
逆に、「自然、自然」と、生物としての本質的なものばかりを重視してしまうと、
それは生物としては正しいのかもしれないけど、
なんか人間ぽくないと思うのです。

だって、人間って、不自然なことにまみれて生きてますよね。

だから、文化的成熟度は、
不自然であったとしても、
個々の考えや生き方を極限まで受容する態度に表れると思うから、
先進各国が同性婚を当然に認めつつあるこの地球で、
未だにパートナーシップやなんやで、だけど法的拘束力はありません、みたいな
逃げ道満載の無意味条例案について話し合ってる暇があるなら、
さっさと法整備するか、
そもそも男女問わず結婚制度をやめてしまえと思うんですね。

とはいえ、政治が動くのは常に世論が先だろうから、
世論が先にその流れにならなければならない。

そうしたとき、
カルチュラルアイコンであり、
オピニオンリーダーであるスターとしての二宮くんが、
自分自身が一番オープンマインドでいられるそのままの自分っていうものを、
これからも全開にしていってくれれば、
もしかしたら彼こそが世の中を変える人なのかもしれないと思っています。

だからやっぱりこれからも目が離せないですよね。