吉田沙保里 国民栄誉賞受賞の記念品 希望は“金のタマ”?

吉田沙保里 伊勢志摩1.2.3.4アルソック!!

でお馴染みの

レスリング日本代表“吉田沙保里”選手(30)

10月23日 日本政府は彼女に

国民栄誉賞》を授与することを正式に発表しました。

 

 

受賞に際し、都内のホテルで彼女が

“記念品”として希望したものは
金色のタマ》 

そうです!

 

金色の真珠》です
これはご自身の出身地三重県の特産品

ミキモト真珠島の“真珠”と

金メダルの“金”を掛け合わせたものですね^^

 

しかしこの真珠、通常の真珠は“白色”なのに対し

“金色”の真珠を使用することにより

値段がかなり跳ね上がるそうです。

 

一般的に国民栄誉賞の記念品は約100万円相当が慣例となっているもの

しかし、この金色の真珠は「白蝶貝」と呼ばれる真珠貝から採れる

ゴールデンパールで作られており

この《ゴールデンパール》は上質のものとなるとかなり採取量が少なく

一粒でも希少品ということで値段も高額になります。

 

その稀少な《ゴールデンパール》で作られたネックレスは約2000万円!

 

 

 

おそらく金額面から考えてネックレスを贈られる可能性は低いが

もしゴールデンパールで作られたネックレスを授与された場合は

 

自宅をアルソックに警備してもらわないと不安になりますね

 

 

 

 

今回、吉田沙保里選手が国民栄誉賞の受賞に選ばれた理由は

・レスリング女子世界選手権の10連覇

・オリンピックを含め13大会連続世界一

などの功績が評価され受賞に至りました。

 

 

国民栄誉賞の授与は2011年のなでしこジャパンに継ぐ

20回目の授与となり、過去には

野球からホームランの世界記録を樹立した、王貞治選手

柔道からは山下泰裕選手

マラソンからは高橋尚子選手などが受賞しております。

 

 

吉田沙保里選手の国民栄誉賞授与式は

2012年11月7日に首相官邸で開かれることが決定しております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。