名古屋グランパスのゼネラルマネージャー兼監督として2016年シーズン活動していた小倉隆史監督が解任されることが8月22日にわかりました。

2016-08-23_132313
 

後任はボスコ・ジュロブスキー・コーチが内部昇格する予定と言うことですね。

Sponsored Link


今季からGM兼任監督として古巣名古屋で指導者のキャリアをスタートした小倉監督ですが、クラブワーストを更新するリーグ17試合連続勝ちなし
という散々な結果になっていました。

7月23日に久米社長は「今、動いても絶対に良くならない。絶対に代えません。逃げない。投げ出さない。諦めない」と宣言していたんですよね。
要するに小倉監督を信じて待つってことだったと思うんですけど・・・。一ヶ月たったら退任と言うことです。

確かに8月になってもいっこうに上向く気配が感じられず、クラブ内部だけでなく、親会社のトヨタ自動車ともミーティングした結果、苦渋の決断を下したそうです。
小倉監督には指導者としての才能が無いと言うことでしょうか?

小倉隆史さんは現在43歳、四日市中央工業高校時代は左足での強烈なシュートを武器に、全国高等学校サッカー選手権大会で優勝もしています。
その後名古屋グランパスエイトに入団。翌年にはオランダ2部リーグのエクセルシオールへレンタル移籍し、大活躍をしてオランダ1部リーグのフェイエノールトほか数々のクラブからオファーを受けています。

2016-08-23_132458
 

名門アヤックスからの接触もあったらしいですよ。それだけこの当時の小倉さんは選手として輝いていました。
しかし、このときってちょうどアトランタ五輪の時期でアトランタ五輪出場のために日本サッカー協会に復帰したんですよね。

そして今でも忘れない最終予選直前の合宿で右足後十字靱帯を断裂!選手生命を奪いかねない重傷を負いました。
その後復帰はしましたが、以前のようなプレーはできなかったんじゃないですかね・・。
2006年に現役を引退し、その後は解説者としてテレビに出演していました。

2016-08-23_132513
 

Sponsored link


2015年からは古巣名古屋でGMとして就任し、2016年からは監督も兼任ということでやる気があったと思うんですけどね。
気持ちが空回りしているのか?それとも監督としての才能がないのか?

そもそもまだ指導者の道を歩き始めたばかりの小倉さんにGMや監督を任せたのがそもそもの間違いでしょう。
それで勝てるほどサッカーは甘いものじゃない!
それこそ、小倉GM&監督を育てるぐらいの気持ちじゃないと無理ですよね・・。

また、解任は小倉さんがうつ病だからという噂もあります。
うつ病になったのも監督になって精神のバランスがおかしくなったからだとは思いますけどね・・。

2016-08-23_132557 まあ、うつ病かどうかはわかりませんけど、少し休んだ方がいいのは確かだと思います。
GM&監督の兼任はそれだけ精神的に大変だということです。
それを監督もしたことがない人がやるっていうんだから、無理もしたんでしょう。

小倉さんには是非とも休養して、また復活して欲しいですね。
現役時代のあの怪我にも打ち勝った精神力で不死鳥のように蘇って欲しいです。
頑張ってください!!