新“ハラスメント”が誕生!今度は “ソーハラ” なんだそれ?

ソーハラ

セクハラ”や“パワハラ”という言葉は

今や当たり前のように使われる時代となりました。

 

会社で職場の女の子に

「昨日は寝てないの?」と聞いただけで

 

「それセクハラですよ!(# ゚Д゚)」

と言われたり

ミスをした部下に感情的になってしまって

「こんな仕事も出来ないなら辞めてしまえ!」

などと言ったものなら“パワハラ”となってしまう。

 

会社で世間話や説教をするだけでも

一挙手一投足 注意して仕事をしなければならない

嫌な世の中になりましたね

 

そんな現代に追い打ちをかけるように

新たな“ハラスメント”

ソーハラ”が誕生しました!Σ(゚д゚lll)

 

そーはら?

 

なんだそれ?

 

 

“ソーハラ”とは“ソーシャルハラスメント”の略

ツイッターやフェイスブック等のソーシャルメディア上で起こる

新種の“ハラスメント”です。

 

 

 

 

 

セクハラやパワハラが誕生した時にも

言われていたであろうこのフレーズ

知らなかったでは済まされない

そんなつもりはなかった”などなど

 

あとから後悔しないように、少し勉強してみましょう^^

 

《例》

・部下が投稿しているフェイスブックのコメントを常にチェック

  更新されるたびに【いいね!】を押している

 

・部下が投稿した画像を自分の携帯に保存

 翌日その部下に「この写真よく撮れてるね~待受にしちゃった♪」と不気味な顔をした

 

・部下に「昨日のオレの記事読んだ?」

 読んだら【いいね!】押してよ~ とヘラヘラしながら評価を求めた

 

・部下が投稿した記事を読んだ翌日「昨日キミが投稿してた〇〇 

  僕も使ってるんだけどいいよね~」 と職場で加齢臭を振りまきながら話をした。

 

どうですか?

 

あなたは思い当たるフシがありませんか?

 

 

一つでもやってしまった事があれば“要注意”

上に挙げた事例はどれも“ソーハラ”に当てはまる事例です。

 

 

 

自分にはその気が無い場合でも

 

言われた側は精神的に苦痛に感じる場合もあります。

 

上司の“ソーハラ”が原因で、自分のアカウントの更新や閲覧をするのに

嫌悪感ができてしまい

結局楽しんでやっていたツイッター辞めてしまった人もいるようです。



これはソーハラだけに限ったことではありませんが

 

職場とプライベートは混合せず、モラルを持った言動と行動をする

 

これに尽きると思います。

 

スマートフォンやモバイル環境が普及している今の時代

利用している人が節度を守り、お互いが気持ちよく

ソーシャルメディアを使用出来る環境にしていきたいですね^^

 

 

 

 


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東京駅記念Suicaスイカの再販はいつ?ネットで確実に購入できる方法!

虎ノ門ヒルズの家賃はいくら?チャペルとホテルの宿泊料金に驚き!

オサートのデメリットとリスクは?値段は?保険は適用出来る?三井MC

山岸舞彩 ミニスカ封印で視聴率低下?NEWSZERO降板の噂も?

本多一隆ほんだかずたかって誰?Yahoo!が個人情報漏洩で謝罪キタ!

アンナカとは何?ASKA容疑者の入手方法と薬の副作用・効果など