リオオリンピック男子柔道90キロ級金メダルを獲得したベイカー茉秋さん。

やりましたよね。この階級は日本でずっと勝てなかった”未開の階級”だったということで、ようやく勝てたって感じですかね。

Sponsored Link


さて、ベイカー茉秋(ましゅう)さん。名前からわかるとおり、ハーフでしょうかね?
調べてみると、身長178センチ、父親はアメリカ人、母親が日本人のハーフになります。

お姉さんもいて、結構可愛い美形の家系ですね。

2016-08-11_091441
 

柔道を始めたキッカケが面白くてピアノの先生のすすめで6歳から始めたそうです。
何故にピアノの先生?って感じですが、猫背で姿勢が悪かったらしく、正座をする柔道で姿勢を矯正させようとしたことが理由だそうです。
それが金メダリストに繋がるわけですから、人生何があるかわかりませんね。

2016-08-11_091232
 

幼い頃に両親は離婚をしているそうで、ベイカー茉秋さんは母親がシングルマザーとして苦労しながら育てたそうです。
母親のためにも強くなるためにも、柔道を続けたのかもしれませんね。

そんなベイカー茉秋さんは過去に「ミライモンスター」に出演していました。
「ミライモンスター」というのは、関根勤さんと元AKBの高橋みなみさんがMCを務める未来のトップアスリート達を紹介していく番組です。

出演したのは2014年8月20日の放送ですね。私偶然ですが、この放送見てました。柔道でハーフってなんかイメージが・・・とか思ってましたけど、カッコいい人だなって思ったのをなんとなく覚えています。
当時19歳で東海大学の柔道部に在籍していたベイカー茉秋さん。
画像はこちら!

2016-08-11_091322
 

今もイケメンですが、この頃はまだ幼いというか可愛らしいですね。
女性が放っておかないような甘いマスクのイケメンです。

Sponsored link


甘いマスクも人気の秘密ですが、柔道着の下にはもの凄い筋肉があります。
身長は178センチで体重が90キロなんですが、ほぼ脂肪はありません。
全身筋肉の塊です。

高校に入学したときには体重は60キロしかなかったそうです。
肉体改造のために食事を一日7食にして、泣きながら食事をしていたそうですよ・・・。

そういう苦労があって、30キロの体重を増やし肉体改造に成功したわけです。
それがリオオリンピックの金メダルになったんでしょうね。

2016-08-11_091636
 

ベイカー茉秋さんは現在21歳です。まだまだこれからですよね。
リオで金メダルを獲得したことで、東京オリンピックへの連覇も期待されています。
4年後で25歳、選手としては一番良い時期ではないでしょうか?
是非、連覇して欲しいです。気の早い話ですけど、怪我などせず順調に成長して欲しいですね。金メダルおめでとうございます。