桂歌丸と林家木久扇に確執!?「笑点」を巡っての発言とは?

日本テレビの長寿番組「笑点」の5代目司会者・桂歌丸さん。もう79歳なんですね。
5月22日の生放送を最後に、大喜利司会者を退くことがわかりました。

それにしても頑張ってますよね。まあ、歌丸さんだけではなく、笑点メンバー全員に言えることだと思いますけどね。
歌丸さんも50年やってきたということで、寂しいけど仕方がないということでしょうね。

これに苦言を呈したのが林家木久扇さんです。

 
木久扇さんも78歳なんですね。どれだけみんな高齢なんだよって言いたくなりますけど、
木久扇さんは桂歌丸さんの司会を退くことに納得していないようですね。

木久扇さん曰く「自分で区切りをつけてはいけないと思う。実際交代の話は内が、そういうのは自然に、見てる人が衰えてきたなと感じて、じゃあ新しい人ってなっていく」
発言していました。

ま、いってることはわかりますけどね。でも歌丸さんももう苦しいんじゃないですかね?
高齢ですし、肺気腫とかもやってますからね。

 
そろそろ楽にさせて上げたいという気持ちにもなります。

[ad#adsense]

木久扇さんの発言は、愛情表現だと思いますけどね。
まだやれるよ!って言いたかったのかもしれません。

でも、木久扇さんの大喜利司会もちょっと見てみたいですけどね。
って前に何回かやってますけど、全然司会になってなかったですけどね。
それが面白いっていうのもわかりますけど、たまにだから良いのであって、
毎週木久扇さんが司会では厳しいでしょうね。

 

 

 

長寿番組として続けていくのならば、新陳代謝を考えて若い人を入れるというのも有りだと思いますけどね。
今度の司会は誰になるんだろう?楽しみに待っていたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。