渡瀬恒彦ががん治療のため、十津川警部降板!がんの進行具合と現在の状況は?

俳優の渡瀬恒彦さんががん治療のため、人気の2時間ドラマ「西川京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」の降板が決まったようです。

2016-08-26_095934
渡瀬さんは今まで1992年から計54作品で”十津川警部”を演じてきました。慣れ親しんで来た役だけに残念でしょうね。

渡瀬さんは現在72歳、とても若く見えますが、なかなか高齢ですよね。
知っているとは思いますけど、お兄さんは俳優の渡哲也さんです。

2016-08-26_095835
二人とも大人の色気というか渋みが有りカッコいいですよね。

早稲田大学を除籍していますが、在学中は空手部に籍を置いていたそうで、二段ということですよ。芸能界喧嘩最強とか都市伝説でありますけど、こういうところから来てるんでしょうね。

電通に勤めていて、芸能界に入る意思はなかったそうですが、東映の社長に口説き落とされ、東映と契約をしたそうです。
ちなみに渡瀬恒彦は本名で、最初「高倉健」を意識した「大倉純」という芸名を付けられそうになった為、それなら本名がいいということで、デビューしたそうです。

私生活では1973年に女優の大原麗子さんと結婚されましたが、5年後に離婚。1979年に一般人女性と再婚されています。
個人的には昔の渡瀬さんは知りませんけど、今でも充分カッコいいので、若い頃はもっと格好良かったんでしょうね。
と言うことで若い頃の画像です。

2016-08-26_100048

 

やっぱりカッコいいです。
最近はテレビドラマで活躍していますよね。シリーズ物も多いです。
テレビ朝日「おみやさん」「警視庁捜査一課9係」、TBS「世直し公務員ザ・公証人シリーズ」などがあります。もちろん「十津川警部シリーズ」もそうですね。

[ad#adsense]

それだけ人気の高いしかも、安定した視聴率が取れる俳優だといえますよね。
刑事とか、正義感溢れる役が多いと思います。それが似合いますしね・・。

そんな渡瀬さんを襲った胆嚢がんとはどんながんなんでしょうか?
胆嚢は肝臓の下に有り、肝臓で作った消化液を溜める袋のような臓器です。
胆嚢がんは自覚症状がでにくく、早期発見が難しいと言われています。見つかったときには他部位に転移していて手術できない場合も多いそうです。

最近の体調もあまり良くはないようです。今まさにがん闘病中ということでしょう。
気になるステージですが、Ⅲ~Ⅳぐらいではないでしょうか?
先程も書きましたが、見つかったときには手遅れっていうのが”胆嚢がん”です。

撮影をしていた渡瀬さんの様子も体調不良は明らかで、息切れをしたり、心配するあまりお嫁さんの姿もあったといいます。
なので、状況は良くないって事だと思います。

2016-08-26_095745

 

「十津川警部シリーズ」などドラマで見られないのは残念ですが、今はゆっくり静養して元気にドラマで復活して欲しいですね。
闘病頑張ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。