田中将大投手の現在の成績は?右肘手術から復活!?海外の反応は?

現在はニューヨークヤンキースの投手として活躍している田中将大さん。
楽天イーグルスの晩年も凄かったですけど、やっぱりメジャーでも活躍していて、同じ日本人として嬉しいですよね。

メジャーにわたっても活躍していましたが、2014年には、右肘靱帯の部分断裂でPRP療法という保存療法でリハビリを行っていました。
2015年のシーズンオフには右肘の骨片を取り除く手術を受けていましたよね。

手術をしたと言うことで心配されましたが、2016年も開幕投手を務めています。
っていうか、ここ最近の七試合の結果が凄いです。

2016-09-16_133043

 

最近七試合の成績は6勝0敗で防御率1.94、48奪三振、与四球4と言うことですよ。
確かに凄いですよね。これは楽天時代の24勝0敗の時の田中投手にちかいかもしれません。

2016-09-16_133123

 

神がかってるってやつでしょうか?
そして海外の反応という意味で言うと、最近田中選手の「フォアボールの少なさ」で話題になっています。

29試合の成績としては、先発登板して13勝4敗。黒星が少ないのが良いですよね。
勝率が.764と言うことで、高いです。そして防御率が3.00を切ったと言うことで、現在はア・リーグ1位ということです。

[ad#adsense]

防御率が良いというのは、その「フォアボールの少なさ」にあるんだと思いますね。
つまりコントロールが良いと言うことです。2014年は田中投手が1試合平均で与えたフォアボールは1.39個、
メジャー2年目は1.58.そして今年は1.49ということで、コンスタントに安定したピッチングをしているということですよね。

昔の田中投手は三振も取るけど、フォアボールも多いという感じだったと思います。
それこそフォークやスプリッターで三振を取っていた頃ですよね。
現在はフォアボールが少なく、そして三振も取れると言うことです。
確実に進化しているのが分かりますよね・・・。

ただし、海外の反応はそんなに現在は良くは無いんですかね・・。
数字的に見ても成績は抜群だと思います。ただ目立ってないってことでしょうか?

2016-09-16_133023

 

我々日本人からみても、田中投手があまりに凄すぎて、普通にメジャーで活躍しているのが当たり前みたいに思っていますよね。
普通ならもっと凄いと思わなきゃ行けない所なんでしょうけど、きっと田中投手に対して、感覚が麻痺しているんでしょうね。
そう思わせる田中投手は凄いですけどね。

9月15日にも先発して、7回で93球を投げ、4安打1失点と力投しましたが、チームがサヨナラ負けして14勝目にはなりませんでした。
それでも、安定したピッチングをしていることに変わりはありません。

田中投手はまだ27歳、今後も活躍していきそうです。
日本人として誇りに思いますよね。今後も応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。