神田うのがほしのあきを仲間はずれに?ペニオク騒動で追放のウワサも

ほしのあきさんが、
ママ友会を、事実上追放された状態だとか。

ほしのあきさんといえば、
ベニーオークションサイトでの嘘の落札情報をブログに書き込んだことで、
詐欺に加担したと批判され、

今年1月にブログで謝罪して以降、
目立った芸能活動ができない状態。

それと同じころから、
神田うのさんが「首領」と言われているママ友会にも、
ほしのさんが顔を見せなくなっているそうです。

2013-06-26_055630
神田うのさんが、
ほしのあきさんに目をかけていたのは衆知のことで、

女性自身の記事では
芸能関係者の話として、

「うのの旦那さんのパーティーがあると
MCをほしのにお願いしていました。」

また、

「ほしのがオリジナルブランドを立ちあげるときには、
彼女のブレーンとして奔走」

と、

神田うのさんが公私にわたって、
ほしのさんを可愛がり、

ほしのさんは、
うのさんの「最側近」と見られていました。
ところが、ベニオク騒動後、
うのさんはママ友仲間の前で、

「当分の間、あきちゃんと一緒に食事するのはよそうかな」
「パーティーに呼ぶのはやめようかな」

と漏らしていたとか。

実際、
うのさんデザインの今年のモデルリストにも
ほしのさんの名前はなく、

うのさんの夫が主催するパーティーのMCも
キャンセルされているとか。

まるで
手のひらを返したように、でしょうか・・

2013-06-26_055606
「ママ友会」というと、
幼稚園の送り迎えと、そのあとのファミレスでのお茶、
というようなイメージがありますが、

うのさんの集まりは
かなりビジネス色が強く、

夫のパーティーMCや、
うのさんのブランドのモデルも、芸能活動の一部になるわけで、

そこに、ほしのさんを呼ぶのを控えるという判断は、
一見、友達甲斐のない冷たい対応にも見えますが、
経営者としては妥当と言えるのかもしれません。
しかし
それが本当の友達といえるのか、といえば、別問題。

失意に沈む友達こそ、
手を貸し、勇気づけるべきなのでしょうが、
所詮は、そこまでの関係だったということでしょうか?

それとも表舞台に登場しないだけで、
神田うのさんとほしのさんの関係は継続しているのか?

「ママ友会」を巡る問題だけに、
世の女性たちの関心が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。