競泳の北島康介選手。リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権で100メートルでは五輪出場権を逃しました。次の200メートルがラストチャンスになります。


 

 

 

Sponsored Link


200メートル準決勝では3位で通過し、決勝戦に駒を進めました。
本当に次が最後ですよね。リオ五輪に出場するためには、派遣標準記録を突破し、2位以内に入る事が条件です。
今のままだとどうでしょうか?かなり厳しいのかな?

北島康介さん本人も「レベル高けえ!」って発言していましたしね。
あとは、自分を信じて頑張るしか無いんでしょう。


 

 

あとは、どれだけ自分の不安を取り除くかですよね。
北島選手には是非ともリオ五輪出場して欲しいですけどね。
Sponsored link

今でも北島選手を五輪に出場させろ!という声も多いようです。
でも、それは心情的にはわかりますけど、ダメですよね。
きちんと記録を出して、結果を出しての出場が望ましいです。


 

 

33歳の年齢というのは、厳しいんでしょう。普通ならもうピークは完璧に過ぎている年齢ですよね。それこそ10代ぐらいが競泳選手のピークなんじゃないでしょうか?
でも北島選手なら出来るはず。“レベルたけえ”中での一番レベルの高い泳ぎを期待しています。
五輪出場を決めてまた”名言”をお願いしたいですね。