2012オリコンランキング発表!CDが売れない理由がわかりますw

2012年度の

オリコン年間ランキングが発表されました
近頃はYouTubeやインターネットの普及により
CDが全く売れない!
と嘆いている音楽レコード業界

そしてCDが売れない原因が
インターネットでの違法ダウンロードにある!
と発表

今年の10月からは
違法ダウンロードに刑事罰の対象となる法案が
施行され違法ダウンロード数を激減し
音楽業界には明るいニュースとなりました

これでCDの売上も以前のように戻るぞ♪
とワクワクしていた音楽関係者たちでしたが

フタを開けてみると
違法ダウンロード数が減ってもCDが売れない!
という悲惨な結果に

 

果たしてCDが売れない原因は
インターネットの普及によるものだけ
だったのでしょうか?

 

そんな暗いニュースが吹き荒れるなか
今年もオリコン年間ランキングが発表されました!

 

まずはシングル売り上げ枚数トップ10の発表から
発表された順位は以下のとおり(数字は売上枚数)

オリコンシングルトップ10

 

なんとトップ10をアイドルが全て埋め尽くす
と言った何とも奇妙な光景に^^;

 

しかし秋元ファミリーは強いですね!
現在の秋元康氏の商法で売り出されると
他のアーティストはどんな名曲を作っても勝てないとまで
言われております

 

 

次にアルバムの売上ランキングはこちら

 

ここに来て日本を代表するミュージシャンたちの
名前を見ることが出来ましたが・・・^^;

 

さて・・・ここで一つの疑問が生まれてきます
AKB48はシングルでTOP5を独占する枚数を販売しているのに
アルバムでMr.Childrenに負けてしまった理由
何でしょうか?

 

そうです!

お分かりの通り

 

AKB48のシングルには“AKB総選挙の投票券”がついているんです
自分のお気に入りのメンバー(推しメン)が
少しも上位に入れるように
1人のファンがシングルを5枚・10枚多い人では100枚と購入し

自分の推しメンに投票します

 

しかしファンが欲しいものはCDではなく投票券
大量にCDを購入したファンが投票券だけ抜き取り
CDをダンボールに入れて廃棄したと
一時ニュースで騒がれましたが(;・∀・)

 

こうなってくると名曲→オリコン1位
という昔からの方程式が既に崩壊してしまっていますね

 

CDが売れない原因は違法ダウンロードにある!
と騒ぎ立てる前に

自分たちの業界にCDを売れなくしている原因が無いのか?

才能あるアーティスト達が曲を作りたい環境になっているのか?

もう一度音楽業界は見なおす必要があるかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。