auの大人気CM「三太郎シリーズ」にこれまで画面に小さく写り込み、ネットで注目を集めていた一寸法師役が俳優の前野朋哉さんだと明らかになりました。

Sponsored Link


って、言われても、前野朋哉さんてどんな人?誰?って事ですよね。
と言うことで画像です。


 

 

前野朋哉(まえのともや)さんは現在30歳。岡山県倉敷市出身の俳優です。
俳優でも有り監督でもあるという事ですよ。

大阪藝術大学芸術学部映像学科を卒業し、大学一回生の時に石井裕也監督作品の「剥き出しにっぽん」に照明助手、役者で参加もしています。
その後は「ショッキングピンク」で主演、監督、そして「脚の生えたおたまじゃくし」では監督、脚本、主演も務めています。
2011年3月に行われた映画祭のトークショーでジョニー・トーさんから
彼は将来有望な監督だ」と評価されていました。

Sponsored link


映画監督としても評価されていますが、俳優としても結構出演しています。
「図書館戦争」「桐島、部活やめるってよ」「闇金ウシジマくん」などなど・・。。
1度みたら忘れない顔をしていると思います。俳優としては最高の顔じゃないですか?

また顔が蛭子能収さんに似ているという話もあります。
確かになんとなくは似ていますかね?その繋がりなのかバラエティ番組「痛快!スカッとジャパン」では蛭子能収さんを演じてもいます。



 

 

独特のキャラが人気なんでしょうね。個人的には現在放送されているドラマ「重版出来」の役も好きです。今後はauの一寸法師も隠れキャラじゃなく、前面にでてくるかもしれませんよね。
他のキャラとの絡みを期待したいです。