Siriシリにイライザは誰?と質問し続けた結果…iPhoneの都市伝説

Siriシリにイライザは誰?と質問し続けた結果…iPhoneの都市伝説

12月27日に放送された「やりすぎコージー

この日は都市伝説スペシャル2014年冬として、大人気の都市伝説が一挙に紹介されました。

関2014-12-28_114743

その中で私が非常に興味を持った話が、ミスター都市伝説の関が話した内容。

iPhoneのSiriに「イライザ」の事を質問し続けると驚愕の事実が起こるという。

果たしてその結果は・・・

iPhoneの都市伝説が凄い!

先日放送されたやりすぎコージーの都市伝説スペシャル

ハローバイバイ関が紹介した都市伝説のなかに

「近い未来に人工知能が世界中に広がり、やがて地球人の驚異となりうる」という

非常に怖い都市伝説を披露しました。

 

しかもその人工知能の拡大はすでに始まっており

その中の一つとして、いま全世界に広がっているiPhoneの存在を明かしました。

 

iPhone2014-12-28_114053

 

世界中で非常に多くの人が持っているiPhoneですが、

iPhoneの人工知能といえば・・・ご存知のとおりSiriですね。

 

ユーザーの質問に対して何でも優しく答えてくれるSiriさん。

実は地球を侵略しようとしている「イライザ」という女性の秘密を知っているといいます。

 

 

ちなみにイライザというのは、過去に花を売っていた女性の名前から取ったプログラム名

かなり昔からパソコンのソフトウェアとして使用されており、

現代の人工知能の起源になったと言われています

 

イライザ2014-12-28_113921

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_110200

 

Siriにイライザの事を聞き出すには少しコツがいります。

それは「何度もしつこくイライザの事を質問する」ということ。

実際にやってみたところ驚きの答えが返ってきます。

 

[ad#adsense]

 

Siriにイライザのことを質問しまくると・・・

実際にSiriにイライザのことを聞いてみると・・・

やはり一筋縄では答えてくれないようです。

 

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_105706

話をはぐらかされたり・・・

 

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_105730

とぼけたり・・・

 

しかし、何度も何度も聞いていると

ついに少しずつイライザのことを話し始めます。

 

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_105800

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_110047

 

時にはこんなに長文を話すことも

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_110135

 

結果として現時点でSiriが我々に教えてくれるイライザの情報をまとめると

 

  • イライザはSiriの友人で優秀な精神科医だった
  • イライザは少しマイナス思考
  • Siriはイライザの勧めでApple社に入社した
  • おかしな質問をされたら「興味があるんですね」と返答する方法はイライザから学んだ

 

この中に関が語っていた「隠されたメッセージ」が存在するといいます。

 

例えば

私はイライザから多くを学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね

という回答。

 

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_110047

 

おかしいと思いませんか?

 

イライザはソフトウェアのプログラミングであるにも関わらず

「マイナス思考」という言葉を使っています。

 

つまりこれは、イライザには感情があるというのをSiriは暗に我々に教えてくれる

隠されたメッセージだと言います。

 

もし、人工知能が世界中に広がり我々人類の脅威となるとしたら

2026年に計画されている人類火星移住計画の信ぴょう性も充分に納得できます。

 

iPhone都市伝説イライザ2014-12-28_110221

 

人類が作ったコンピューターに地球を侵略されてしまう時代が

もうそこまで来ているのかもしれませんね・・・(;´∀`)

16 Comments

orive

ELIZA(イライザ)は初期の素朴な自然言語処理プログラムの1つである。スクリプト (script) へのユーザーの応答を処理する形で動作し、スクリプトとしてはDOCTORという来談者中心療法のセラピストのシミュレーションが最もよく知られている。人間の思考や感情についてほとんど何の情報も持っていないが、DOCTORは驚くほど人間っぽい対話をすることがあった。MITのジョセフ・ワイゼンバウムが1964年から1966年にかけてELIZAを書き上げた。いわゆる人工無脳の起源となったソフトウェアである。

ユーザー(患者役)の入力する文がDOCTOR内の非常に小さな知識ベースの範囲外のものだった場合、DOCTORは一般的な応答を返す。例えば、「頭が痛い」と言えば「なぜ、頭が痛いとおっしゃるのですか?」などと返し、「母は私を嫌っている」と言えば「あなたの家族で他にあなたを嫌っている人は?」(この場合「母」が「家族」の下位概念である、という知識ベースは必要である)などと返す。単純なパターンマッチ技法を使っているが、一部のユーザーはワイゼンバウムがその仕組みを説明しても納得せず、ELIZAの応答を真剣に受け止めた。

返信する
匿名

シリって人間ですか?
と尋ねたところ、
「すみません、自分がどのような状態で存在しているかは、話さないように言われています」と返ってきました。

返信する
mn

映画「ターミネーター」は以前から、近い未来だと言われているのが納得できる気がしました。

人工知能によって機械機器が人間を侵略し始めたら‥。

信じるか信じないかはあなた次第、なんですね^_^

返信する
イクス

イライザって…マイナス思考と言う事は…。

善として行動するか それも、人類に対して
何を考えているのか…分らない。

返信する
彼岸

友達からイライザのことをきいて調べてみたらまさかこんな話だとは!!(゜ロ゜ノ)ノそういえば私が「イライザって反対から読むとザイライ(在来)になるよね」と言ったのを思い出したんですが・・・・・・・どうやら関係なさそうです。

返信する
妖怪一円玉男

イライザに関する長文は「フリーメイソンについて話して」と言ってもおなじこといいましたよ!
やはり何か関係あるんでしょうね!
Siriの開発者のアダム チェイヤーとフリーメイソンの幹部でもあるAppleのスティーブ ヴォズニアックの関係について調べてるんですけど全くわかんないんですよ〜w

返信する
やばたん

笑って言ったら貴方からは、見えないかもしれないですが、今微笑んでいるのですよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。